アートと病院が交わるギリシャ館。展示室には覗き穴のついた、筒のようなもので出来た立体が。なかを覗くと、ギャラリーの空間とも病院の廊下ともいえる真っ白の空間に、土色の肌をした人形が三々五々。隣りの展示室には、あまり特徴のない風景がスライド映写されていたが、寝たきりの患者が見た風景とでもいうように、何枚進めど同じ画像。ギリシャ館ではこの展示の一環として、イタリアの献血ドナー協会の協力のもと、ヴェネツィア病院で献血会を催したとか。比喩の領域でとどまっていないところがユニークだ。

写真上から

1)George Hadjimichalis
Hospital, 2005
病院のフロアマップを表す絵画の前に置かれた立体。筒の先端ののぞき穴から中が見れるようになっている。
Photo: © Toyoko Ito 2005

2
) George Hadjimichalis
Hospital, 2005

白い筒のなかは、白い空間に人形を置いた病院の廊下を思わせる世界。

写真:ギリシャ館提供












fogless.net
e-mail: editor@fogless.net
This site has been designed and managed by Toyoko Ito (Toko) copy; 2000-2010 All Rights Reserved
このサイトは伊東豊子(トコ)によってデザイン及び管理・運営されています。本
サイト内で用いられているコンテンツ(文章・画像など)を無断で複製・転載・転用することはできません。