建物のガラスの外壁が取り除かれ、屋根だけの姿になった北欧館。「Sharing Space Dividing Time」という展覧会のタイトルの通り、展示はスウェーデンノルウェーが毎日交互に行う。この日はスウェーデンの番。作品はMiriam BackstromCarsten Hollerのサウンド作品で、屋根の下では外の雑音が聞こえ、外では屋根の下の雑音が聞こえるというものだが、超低音量で流されていたため、みな気付かず素通り。なかには館内中央に立つ大木を作品と勘違いした人も。 確かに異様だったが…。

写真上)9日の展示風景。屋根の下には見事な木が三本あるだけで他はなにも無かったが、実はスウェーデンの作家二人によるサウンドインスタレーションが展示されていた。
photo: © Toyoko Ito 2005

写真中)
翌日10日の展示風景。昨日と大して変らない何もない空間に、ノルウェー代表のマティアス・ファルドバッケンの映像作品が出現。
photo: © Toyoko Ito 2005

写真下) ファルドバッケンの映像作品
Matias Faldbakken
Black Screen, 2005
Dvd video, color, no sound. Approx. 1'








fogless.net
e-mail: editor@fogless.net
This site has been designed and managed by Toyoko Ito (Toko) copy; 2000-2010 All Rights Reserved
このサイトは伊東豊子(トコ)によってデザイン及び管理・運営されています。本
サイト内で用いられているコンテンツ(文章・画像など)を無断で複製・転載・転用することはできません。