その二つ先のセルビア&モンテネグロ館は、周囲の楽園ムードとは打って変わってダークな世界。エレナ・トマセヴィックの死を暗示するような、バイオレントでエグいドローイング。フレームも黒枠と縁起が悪いが、意外にもタイトルは『Joy of Life』。イゴール・ラクセヴィックの映像は、鳴りひびく電話のベルにもかかわらず、一向に水の止まる気配がないバスルーム。一体いつ死体が出てくるのかとハラハラしていると、カーテンの隅がちらりと動いておしまい。

写真上から

1, 2)Jelena Tomasevic
Joy of Life, 2004
展示風景
Photo: © Toyoko Ito 2005


3)Igor Rakcevic
Once Upon a Time, 2005

写真:セルビア・モンテネグロ館提供











fogless.net
e-mail: editor@fogless.net
This site has been designed and managed by Toyoko Ito (Toko) copy; 2000-2010 All Rights Reserved
このサイトは伊東豊子(トコ)によってデザイン及び管理・運営されています。本
サイト内で用いられているコンテンツ(文章・画像など)を無断で複製・転載・転用することはできません。