{bigframe}

余談ですが、ヴェルニサージュ期間中にパビリオンを訪問すると、行く先々でプレス向けの資料を入れたバッグをくれる。そのひとつが、この男性が肩にかけているオーストラリア館発行の黄色いバッグ。オーストラリア館は今年、ジャルディーニ内外の3会場を使って個展3つを同時開催するという参加国きっての羽振りのよさ。宣伝も派手に行っていたようで、100メートル先からでも分かるこの蛍光バッグがビエンナーレの公式バッグのようにあちこちに出没。こういうところを見てしまうと、「芸術などと偉そうに言っても、ビエンナーレもトレードフェアと同じじゃないか」と冷めた気持ちになってしまうのだが、その一方で、タダでもらえるこのバッグ集めが、コレクターを筆頭とするアート界ピラミッドの最底辺にいるフリーランスジャーナリストにとっては嬉しかったりもする。もっともこれを5つ6つと担いで歩く姿はかなり無様ですが…

24/40

fogless.net
e-mail: editor@fogless.net
This site has been designed and managed by Toyoko Ito (Toko) copy; 2000-2010 All Rights Reserved
このサイトは伊東豊子(トコ)によってデザイン及び管理・運営されています。本
サイト内で用いられているコンテンツ(文章・画像など)を無断で複製・転載・転用することはできません。