{bigframe}

同じく韓国館イ・ヒョング(Lee Hyungkoo)の展示から。陳列ケースに化石のように並べられた骨の写真。一見本物のように見えるが作り物とのこと。それにしてもデミアン・ハーストのダイヤモンドの骸骨といい、ドイツ館のイザ・ゲンツケンのカーニバル調の骸骨といい、このヒョングの骸骨といい、欧米の現代アート界はいつにない骸骨ブームのよう。企画展の会場でもアンジェロ・フィロメノ、パオロ・カネヴァリ(共にアルスナーレで展示)、ナンシー・スペロー、シェリ・サンバ(共にジャルディーニ、旧イタリア館で展示)などが、骸骨をモチーフにした作品を展示していた。

34/42

fogless.net
e-mail: editor@fogless.net
This site has been designed and managed by Toyoko Ito (Toko) copy; 2000-2010 All Rights Reserved
このサイトは伊東豊子(トコ)によってデザイン及び管理・運営されています。本
サイト内で用いられているコンテンツ(文章・画像など)を無断で複製・転載・転用することはできません。