{bigframe}

こちらはフランス館にさっそうと現れたソフィー・カル女史。「マダム!こっち向いて!」というカメラマンのよびかけに、にっこりと微笑んでポーズしていた現場に割り込んで、すかさず一枚失敬。その自信に溢れた風貌は、センスのよさもあいまって美術界の女王と呼ぶに相応しく、シャネルがフランス館のスポンサーについたのが何となくわかるような気がする。アート業界も最近では美術家のアイドル化が進み、ここ英国でもあのスーパー・コレクターのチャールズ・サーチと某民放がタイアップしてオーディション番組のアート版を企画中という話だが、ヴェルニサージュの会場を歩いていると、アーティストだかスターだか分からないような光景によく出くわす。実際、カル女史自身、芸能界に顔がきき、今回の作品にもジャンヌ・モロー以下、芸能人が多数登場している。

8/42

fogless.net
e-mail: editor@fogless.net
This site has been designed and managed by Toyoko Ito (Toko) copy; 2000-2010 All Rights Reserved
このサイトは伊東豊子(トコ)によってデザイン及び管理・運営されています。本
サイト内で用いられているコンテンツ(文章・画像など)を無断で複製・転載・転用することはできません。