{bigframe}

ジュデッカ島、アゼルバイジャン館、Orkhan Huseynov氏とその展示

ソ連から独立して16年と言われれば納得だが、アゼルバイジャンでは過去10年間で文化の様々なエリアで変化が起きているという。そのひとつがソ連時代の表現の抑圧とその後のアルメニアによる軍事侵略に対するリアクションとして90年代後半から起きた現代美術シーンにおける変化だそうで、左の写真のオーハン・フセイノフさんをはじめ、ここ数年で自国の伝統を踏襲つつも表現の自由を追及する国際志向の若手がたくさん育っている。ちなみに、このフセイノフさんの展示品は、世界地図のアウトラインだけが描かれたホワイトボードとペンを会場に置いて、観客に自由に国境線を書き込んでもらうという『地理の授業:宿題』。アメリカのど真ん中に「イラク」と書いたりする不届き者がいたりして、なかなかの見ものだった。

4/42

fogless.net
e-mail: editor@fogless.net
This site has been designed and managed by Toyoko Ito (Toko) copy; 2000-2010 All Rights Reserved
このサイトは伊東豊子(トコ)によってデザイン及び管理・運営されています。本
サイト内で用いられているコンテンツ(文章・画像など)を無断で複製・転載・転用することはできません。