{bigframe}

ジュデッカ島、レバノン館、Mounira Al Solhの展示より

オランダの某有名写真家の作品を思い出させるこちらは、作者のモーニラ・アル・ソス(Mounira Al Soth)が架空の元アーティストになりすまし、アーティスト時代と今の生活について回想をする愉快な作品。「わたし、アーティストを辞めて清々しています…、いまは弁護士の奥さんをしていて幸せです…、あの頃はこんな作品を作ってました…」といった文面が、当時の作品画像と一緒に流れるのだが、これが「わたし、三流でした」と言わんばかりに名作のコピーばかり。ユーモアが抜群で、今回一番笑った作品のひとつになるが、こういう作家って実は多いんだろうな…と思うと大口を開けて笑ってもいられない。

8/42

fogless.net
e-mail: editor@fogless.net
This site has been designed and managed by Toyoko Ito (Toko) copy; 2000-2010 All Rights Reserved
このサイトは伊東豊子(トコ)によってデザイン及び管理・運営されています。本
サイト内で用いられているコンテンツ(文章・画像など)を無断で複製・転載・転用することはできません。