3月28日

ムラカミにゴジラ、英国再上陸@Birkbeck College

 

先週木曜日のこと。シンポジウム出席のために訪英中の東京藝術大学助教授、毛利嘉孝氏が、私の母校であるロンドン大学バークベック・カレッジで日本の現代美術に関するセミナーを開くと聞き、友人の口利きで参加させてもらった。今日はその様子を少しばかりご紹介したい。

セミナーが開かれたのは、歴史、文学、ジェンダー研究など、日本の文化について多角的な研究の場を提供している同大学内の修士コース「Japanese Cultural Studies」にて。ニコラ・リスクティン博士(Dr. Nicola Liscutin)の下で学ぶ学生およそ30名が参加した。

セミナーの内容は、ルートリッジ社から出版予定の『Popular Culture, Globalization and Japan』(M. Allen and R. Sakamoto編)に毛利氏が執筆した論文を主軸に展開。椹木野衣氏の『日本・現代・美術』(新潮社)、村上隆・会田誠らに代表される90年代のジャパニーズ・ネオ・ポップ(JNP)を導入に、日本の戦争画とJNP、サブカルチャーとの関係が、藤田嗣治の作品図版や『ゴジラ』や『宇宙戦艦ヤマト』などの映像とともに紹介された。

その中でも特に強調されていたのが、日本のアニメや漫画などのサブカルチャーに、戦争の記憶の断片が無意識のうちに浸透しているという点。そしてその記憶の多くが、原爆投下を彷彿させる爆風のイメージなど、「日本=戦争の被害者」というスタンスをとっていること。さらに、このサブカルチャーの影響下で作られたJNP作家の作品にも、戦争/国家主義的な影が認められること。

セミナーの後のディスカッションで目立っていたのが、サーペンタイン・ギャラリーの個展で英国でも知名度が一気に上がった村上隆についての質問。NYのジャパン・ソサエティーで開催された村上隆キュレーションの展覧会カタログ『Little Boy』が会場を回覧するなか、日本の美術界ではどんな存在なのか、一般大衆のなかでの知名度はどれくらいなのか、デミアン・ハーストと比べてどうか、日本人美大生が「スーパーフラット」的な絵画を公募展によく送ってくるのはポスト村上を狙っているのか、といった質問が相次いだ。

また、全体的に政治・歴史色の強いセミナーだっただけに、学生からの質問にもこれが反映。現代美術という枠組みを越え、第二次大戦を舞台にした映画『終戦のローレライ』の中での日本の描写、ワールドカップを機に接近した日韓関係などについても質問が出た。また、リバプール北のブラックバーンに巡回中の福岡アジア美術トリエンナーレ(毛利氏が選考委員を務める)について、経済大国「日本」という傘のもとにアジア諸国のアーティストを集めそれをイギリスの僻地で見せる、そこに日本の帝国主義が窺えないかといった辛口の質問も飛んだが、これらの質問に対し、笑いをとる余裕をみせながら丁寧に対処する氏の応対が印象的だった。

これらのディスカッションを通じ、こちらの学生の日本の現代文化に対する造詣の深さに驚かされたが、私が個人的に今回最も楽しんだのが、日本の現代美術が英国に伝えられる現場を押さえられたこと。どんな作家の作品が、どんな評論家や学者の論文を使って、どういう観点から海外に紹介されているのか。その現場を目の当たりにできたことが興味深かった。(ちなみにこの日のリーディングリストには、『Consuming Bodies: Sex and Contemporary Art in Japan』(Reaktion Books)に収録の松井みどり氏や長谷川祐子氏の論文が含まれていた)

また、日本の現代美術が、現代美術評論の定番分野である美術史や美術理論ではなく、カルチュラル・スタディーズという大枠の中で紹介されていたことも、私にとっては興味深かった。日本のアートが欧米のそれと異なる点として、高級芸術(high art)と大衆文化/サブカルチャーとの間に区別がない点が氏の論文で指摘されていたが、ガンダム、ハロー・キティー、スヌーピーといったアニメやキャラクターが美術展の文脈として用いられている今日の日本を考えると、カルチャー全般を見ずして作品評論は難しいのかも知れないと思った。

あっという間に二時間が過ぎ、たくさんの拍手と、氏へのバースデーケーキの贈呈と、ハッピーバースデーの合唱で終了したこの日のセミナー。その後の食事会は、トロージャン・ホースに感染したPCレスキューのためスキップさせていただいたが、久々に頭のシナプスが点滅しはじめる快感を味あわせていただいた。(トコ)

■Birkbeck College, MA Japanese Cultural Studiesについてはこちら
■シンポジウム「‘Cool Japan’: What a difference a region makes」についてはこちら

 

3月17日

展覧会レポート

 久々の、本当に久々の日誌更新です。読みに来てくれていた方々、前回に続き相すみません。ここ一ヶ月の間に見た展示についてまとめてご報告を。

Reza Aramesh @
Trafalgar Square

土曜夕方のトラファルガー広場。映画「マトリックス」のパロディーのごとく、ダークスーツ姿の男たちが現われ、
行進を始めたこの儀式。集まった野次馬のなかには、一体何事かと思った人もいたことと思うが、実はこちら、あの有名なバッキンガム宮殿の衛兵交代の儀式をモチーフにしたパフォーマンス。ICAのオフサイトイベントとして開催された。

移住と権力をテーマとする作品のタイトルは『I am a Believer』。作者は16歳の時にイランから亡命し、以来ロンドンに住む現代美術家のレザ・アラメッシュ(Reza Aramesh)。32名のスーツ姿の男性は、ほとんどが移民第二世代で、英国に移住してきた人々の子供たちになる。外国人ではないが新参者である彼らが、国家の象徴である女王陛下の兵隊になる
。それも葬式のような黒装束に素手といういでたちでそれを展開するところがこの作品のミソ。

 



Reza Aramesh
I am a Believer
Photo: Toyoko Ito

実はこのレザ、エスクァイア3月号の特集『美しい本』でも紹介させて頂いたが、作家活動と並行して『Centerfold Scrapbook』というアーティストブックを編集している。一風変わった本で、作家たちに部数分の用紙を渡してそれに作品を作ってもらい、それを綴じるというオリジナル作品綴じ込み式のアーティストブックだ。部数は毎号40部から60部前後に限定。現在4号まで発行済み。書店から回収を迫られるなど大変な時期もあったようだが、今ではテートやサーペンタイン・ギャラリーのディレクターなど美術業界のお偉方がこぞって買っている注目のアーティストブックだ。詳細はICAのサイトで。レザのサイトはこちら。(トコ)

■ Tino Sehgal @ ICA
トラファルガー広場から場所をすぐ横のICAに移し、今週一杯で終ってしまうティノ・セーガル展の第二部に。そろそろ頃合いかと思い、種明かしをすることに。

作品に関する物的痕跡を残すことを拒んでいるセーガル。その徹底ぶりは、作品はもちろん、PR用の画像や作品売買の領収書にまで及ぶ。それでも去年の展示まではまだパフォーマーと呼べる人間が常時、展示室にいた。もちろん夜にはみな帰ったが、開館時間内は鑑賞物と鑑賞者というギャラリー定番の構造をそこに見ることができたが、今年は違う。

入口でチケットを購入すると、ミムランと名乗る小学生くらいの女の子が、「会場を案内しましょうか?」と話しかけてくる。早くも来たな…と思いながらお願いすると、唐突に「Progress」の意味を聞かれる。

空っぽの展示室を歩きながら、ミムランの顔に時折浮かぶ「はてな」マークを信号に、つたない英語で説明をする。5分くらい話したのか、展示室の突き当たりまでくると、奥に続く搬入用の廊下に若い女性が立っている。ミムランからバトンを受け、カフェと二階展示室を歩きながら「Progress」について話を続ける。

結局、ICAの中をぐるぐると歩き回り、ひたすら話して終ったこの作品。経済成長、女性の社会的地位の向上などについて、全部で四人の案内役と話し、最後の女性からこの作品のタイトルが『This Progress』であると教えられた。

歩きながら裸の壁を横目に、「見事なまでに見る物がない展示なのね」と言ってみると、「そうかしら?絵や写真がないからって見る物がないとは言えないんじゃない。こうして話してる私達自身が作品だとは思えない?」と、いかにもこの作品の参加者らしいまともな答えが返ってくる。

私という存在が作品。ICAから届いた案内に、「人間の声、言葉、動作、対話を表現媒体として用い、ラディカルな地位を確保するティノ・セーガル」とあったが、この作品は、まさにそれを地で行っていた一点といえよう。去年のレポートはこちらから。06/02/03 - 06/03/19

ちなみに現在開催中のテートのトリエンナーレでもセーガルの作品が見れます。詳しくはこちらで。(トコ)

イーストエンド徘徊
この一年、ギャラリーが相次いでオープンしたヴァイナー・ストリート(Vyner Street)からスタートしたこの日の散策。一軒目は10番のモダン・アート(Modern Art)。展示はテート・モダンでのパフォーマンスを不覚にも見逃してしまったドイツ人作家ジョナサン・ミース(Jonathan Meese)の個展。展示室には彼が崇拝するキッペンベルガーもびっくり(たぶん)、悪ふざけの効いた怪物の立体と、ノエル・カワードをモチーフにした油彩、さらに、シャガールとジャクソン・ポロックを足してその上でパフォーマンスをしたような巨大な油彩が展示されていた。ちょんまげにジャージ姿で現われたテートでのパフォーマンスもはちゃめちゃだったようだが、こっちもさっぱり意味不明。3月26日まで

 

Jonathan Meese
Thanks, Wally Whyton (Revendaddy Phantomilky on Coconut Islandaddy

Photo: Toyoko Ito


礼拝堂じゃないが、妙に儀式めいた空気につつまれていたのがヴィルマ・ゴールド(Vilma Gold)アンドリュー・マニア(Andrew Mania)の展示。ピンクやブルーのライトにつつまれた展示室には、作家自身のドローイングが、作家が所有するカール・ヴァン・ヴェクテン(Carl Van Vechten 1880-1964)の写真と一緒に祭壇のような形にアレンジされて展示されていた。

このマニアも、ゴヤの版画を使ったチャップマン兄弟同様、自分が所有する別の作家の作品に何らかの手を加えて発表している、最近よく見かけるタイプのひとり。そのアプローチは、デュシャン以降続いている「レディーメード」の究極の形とも言えなくもないが、その一方で決して安物とはいえない美術品を素材にしてしまうところにブルジョアの匂いがする。アーティストがコレクターあるいはキュレーター化していると言えなくもない。4月9日まで。

 

Andrew Mania & Carl Van Vechten
Photo: Toyoko Ito

次はヴァイナー・ストリート45番で、ドイツのクラシック専門のレーベル、ハルモニア・ムンディ社が入る建物。オールドストリートから最近移ったワン・イン・ジ・アザー(One in the Other) の他、デイヴィッド・リズリー(David Risley), フレッド(Fred)と、ギャラリー三軒がここに入っている。

移転後初の展示となるワン・イン・ジ・アザー(地下一階)では、国内外の作家12名によるドローイング展を開催(残念ながら5日で終了)。ホワイト・チャペルアートギャラリーでの個展が絶賛されたポール・ノーブル(Paul Nobel)ロバート・クラム(Robert Crubm)を筆頭に、ドローイングにおける最近の傾向をとらえた意欲的な展示が試みられていた。

地上階奥のデイヴィッド・リズリーでは、メキシコの作家ホルヘ・ソーサ(Jorge Sosa)の個展を開催中。ヘルメットや帽子、レコード盤など日用品を使ったオブジェのほか、ヴィト・アコンチら60年代の前衛作家を想起させる、無意味な動作を反復するパフォーマンス映像を発表。3月26日まで

リズリーの隣りのフレッドでは、2002年のベックス・フューチャーズの候補に上がった若手ポール・ホスキン(Paul Hosking)の個展を開催。マンガ風のフォルムをみせる「骨」をモチーフとした大小さまざまな立体と、ボトルと粉を使った「動くスカルプチャー」が展示されている。絵具の顔料や大理石の粉など用い、ボトルの回転によって中の粉がダマへと変わっていく後者は、シンプルな素材と発想ながらも惹きつけられるものがある。久々に軽快でポップなショー。3月26日まで

 



上)Jorge Sosa
中)Paul Hosking
Stasis [Rust] (detail], 2006
下)Paul Hosking
Red Sculpture 1 (detail), 2006
Photo: Toyoko Ito

ヴァイナー・ストリートから歩いて3分。同名のパブの二階にあるアプローチでは、トム・ウッド(Tom Wood)の写真シリーズ『Looking for Love』を展示。80年代中盤にニュー・ブライトンのクラブで撮ったナンパに耽る男女の写真は、被写体を食い物にするような写真家のシビアな視線がどことなくマーティン・パーを思わせる(ちなみにパーもこの頃ニューブライトンで撮っている)。その一方で、クラブという場がナン・ゴールディンを思わせなくもないが、ニューブライトンという場所柄のせいか、イギリス人特有の辛口ユーモアのせいか、被写体がダサく見えてしまうのが超イギリス的。3月26日まで

こちらも残念ながら終了。Bonner Road(ボナー・ロード)ザ・ショールーム(The Showroom)では、浮世絵風のフォルムが印象的だったDiann Bauer(ダイアン・バウアー)の個展が開催されていた。ギャラリーの壁全体をおおう壮麗な絵巻物「bludgeonerator」は、建築家レベウス・ウッズの製図画と、ルーベンスの油彩と、月岡芳年の浮世絵を発想源に生れたもの。これら三つのスタイルをコラージュしそれをシャッフルしたような作品は、ピカソのキュウビズムの絵画と同じくらい判読が不能。にもかかわらず、ストーリーが見えそうな気がするから不思議だ。NYのインカ・エッセンハイにワンレイヤーを足したような感じ、と言えなくもない。3月12日で終了(トコ)

 
Diann Bauer, bludgeonerator (detail), 2006
Photo: toyoko ito

Backdrop @
Bloomberg Space

電光を使った作品といえば、現在ヘイワード・ギャラリーで大回顧展が開催中のダン・フレイヴィン。
ライトを美術媒体として世に認めさせた功労者として美術史上に名を残す彼だが、その影響の程を探るべく企画されたのが、ブルーンバーグ・スペース(Bloomberg Space)で開催中のこのBackdrop展。電光を媒体に用いる国内外の現代作家8名の作品が展示されている。

オフィスビルを優雅に照らす作品群。蛍光灯一筋だったフレイヴィンとは違って、コンピューター制御のLEDチューブあり、ライトを忍ばせた洗剤ボトルありと、素材の豊かさが特徴のひとつ。また、フレイヴィンへのオマージュなのか、作品の多くに規則正しく反復的なリズムがみられる。

個人的に気に入ったのが、洗剤のプラスチックボトル500個という、生活観のある素材でつくられたデイヴィッド・バッチェラー(David Batchelor)のシャンデリア。ボトルの底からそれぞれケーブルが一本ずつ延びていて、それを無造作に束ねてシャンデリアにしているところや、ソケットにささったケーブルの束が床にドサッと置かれているところが、チープ美学で今っぽいというか、ミニマリズムの規則性から脱皮していて新鮮だ。3月18日まで(トコ)

 



上)David Batchelor, Candelabra 3 (detail), 2005
中)Spencer Finch, Sunset (South Texas, 6/20/03) (detail), 2003
下)Jeppe Hei, No Presence (Red) (detail), 2005
Photo: Toyoko Ito

■ Welfare Show @
Serpentine Gallery 

「ゴーストトレインに乗って施設の中を渡り歩くようなもの」。そんな寒々しい表現が、私の興味を惹いたM・エルムグリーン&I・ドラグセットの展示。レビューを書く間もなく終ってしまったが、少しだけその展示内容をご紹介。

 
Michael Elmgreen & Ingar Dragset
Modern Moses 2006
Photo © Stephen White


銀行、病院、空港、テレビ局……と、世の中に存在する組織が舞台セットのようにつくられ、それを順に見て歩く仕組みになっていたこの展示。プラダからコミッションを受ける作家だけあってそのセンスの良さは言うまでもないが、特に印象的だったのが、シュールで冷徹さを秘めた作品の独特な空気。

会場に入ると、まずは空っぽの車椅子に迎えられる。実際に使われていたもののようで、タイヤがいい具合に磨り減っているが、持ち主は不在。車椅子のアームに水色の風船が結わいつけてあって、これがゴーストトレインの旅を象徴するようにいい具合に虚しさを醸し出している。

次の部屋には、壁にキャッシュディスペンサー、その足元には捨て子の籠。手招きされるように機械に近づき、キーを叩こうとすると、「触らないで!」と声が飛ぶ。振り返ると、監視員がじっとこちらを見ている。偶然なのか演出なのか、彼も車椅子に座っていてシュール。

その次の部屋には、壁三面をぐるりと囲むように警備員が10人ほど待機。中に入るとみな一斉にこちらを見る。目があってもそらさない。それどころか見返してくる。居心地の悪さに思わず、「話しても大丈夫ですか?」と聞いてみたが、もちろん誰も答えない。部屋を出ると、「ここはお前の場所じゃない」とメッセージが壁に書かれている。

 
Michael Elmgreen & Ingar Dragset
Reg(u)arding the Guards 2005

Photo © Stephen White

このように虚無感と拒絶感を伴うインスタレーションが延々と続く。様々な組織をパロッた展示には、キャッシュディスペンサーなど日常の物が何食わぬ顔で存在するが、そこが管理社会であることを強調するように、いざ使おうとすると待ったがかかる。(銀行の待合室をもじった部屋で番号札を取ろうとしたときも実は注意された)。

参加を奨励する作品が多い現代美術展にあって、観客を拒むような不親切な空気に最初戸惑った。だが、作家が相手にしているのが、組織という非人間的な存在であることを噛み締めながら見るうちに、この冷たさが妙に正しく、美しく感じられてきた。
(トコ)

■ Peter Kennard & Cat
Picton Phillipps @
Bargehouse

少々前のことになるが、1月17日付けの日誌で紹介したピーター・ケナードキャット・ピクトン・フィリップスの二人が、戦争で被害を受けた子供のための救済基金War Child主催のチャリティー展覧会に参加した。

「OXOタワー裏のバージハウスで今日オープニングがあるから」と朝メールをもらい行ってみると、デミアン・ハースト、サム・テイラー・ウッド、ピーター・ブレイクなど錚々たるメンバーを押しのけて、会場一階のロビーに、二人の作品が大々的に展示されていた。傷を負った子供達のモンタージュ写真が、プラカードの形をとって壁全体を埋めつくしていた。

 
Peter Kennard & Cat Picton Phillipps @
Bargehouse

Photo: toyoko ito

反戦活動家でもあるピーターは、市長のケン・リヴィングストーンからゲリア・アーティストのバンクシーまで幅広い支持者をもつ作家だが、この日話していて、レディオヘッドのトム・ヨークとも交流があると知った。面識があるだけなく、イラク戦争突入直後に『AWARD』という作品を作った際には、トムから激励のファックスが届いたという。

実は偶然にも、ある雑誌の依頼でレディオヘッドのアートワークを担当しているスタンリー・ドンウッドに近々取材することになっていたので、この話にはびっくり。ピーターはもちろんドンウッドとも面識があり、なんと今日ここで展示しているはずだという。残念ながらパンフレットには該当する名前はなかったが、バンクシー同様、お忍びで参加していたのかも知れない。展示は3月5日をもって終了。詳しくはこちらで。(トコ)

 

3月17日

余談…

 

■ 『美術の窓』(3月号)の特集「実践!海外留学ガイドブック」に記事が掲載されました。一本はロンドン在住の美術家、横溝静氏、さわひらき氏、鈴木友昌氏を招いていの座談会『フロントランナーが語る海外進出のコツ』。ホックストン・スクウェアのBluuにて4時間に渡り、海外制作の長所短所について語ってもらいました。もう一本が私の所見をまとめた『留学十年生:華やかなアート留学の裏に隠された現実』。これまで留学生に会う度に感じてきたしっくりしない思いをまとめたもので、かなりネガティブです。

■ 『Esquire』(3月号)の特集「美しい本、230冊」に、ロンドンの美術書店、ファイドン社などを取材した記事が掲載されました。この特集を通じ、この春にファイドン社からモノグラフが出版されるプロダクトデザイナーの吉岡徳仁氏をはじめ、英国を代表するグラフィックデザイナーのピーター・サヴィル氏、アーティスブックで有名なデイヴィッド・シュリグリー氏など、各分野のトップクリエイター達にお話を伺うことができました。

2005年1月へ
 
2004年11月へ
  
  
 

 

 

 

 

fogless.net
e-mail: editor@fogless.net
This site has been designed and managed by Toyoko Ito (Toko)
copy; 2000-2010 All Rights Reserved

このサイトは伊東豊子(トコ)によってデザイン及び管理・運営されています。
本サイト内で用いられているコンテンツ(文章・画像など)を無断で複製・転載・
転用することはできません。

 

 

 

このページの掲載内容

ムラカミにゴジラ、英国再上陸@Birkbeck College
(3.28)

展覧会レポート
*レザ・アラメッシュ
*ティノ・セーガル
*ティノ.セーガル
*イーストエンド徘徊
*Backdrop
*Welfare Show
(3.17)

余談…
(3.17)