フォグレスで使っているデジカメについて

今回の「くまの独り言」はFoglessの取材に使っているデジカメの紹介です。ちょっと特殊な状況と火の車と化した財政に影響されていますが、一般的なデジカメ選びにも役に立つと思います。

ディスカウント・ショップなどでは今やデジカメ黄金時代の真っ只中ですが、目まぐるしく新製品が発表され、様々な新機能やスタイルが宣伝される中、銀塩という一つの時代の幕が閉じていくような感じもします。しかし、カタログ上でどんなに優れた仕様を持つカメラでも、出来上がった画質に不満があったり、操作性が悪かったりすると、だんだん使わなくなってしまうものです。デジカメを選ぶ際、私が一番重要だと思っているのは、CCD(charge coupled device)の発色、レンズの収差修正と操作性です。これは銀塩時代のレンズとフィルムへのこだわりから変わっていません。

デジカメにとってCCDは命です。銀塩フィルムと同じく、CCDはレンズを通った光を画像データに変換する役割を果たします。デジカメの発色は、このCCDの特性とその画像データを処理するプログラムによって決まります。カメラのモデルチェンジがあっても発色にはカメラ・メーカーの個性がかなり出るものです。特に、色の表現にこだわりを持つフィルム・メーカーや銀塩カメラ・メーカーが作っているデジカメには、長年の経験と各々の哲学に基づいた独特な味が感じられます。

その反面、よくカタログに載っているCCDの解像度は、ウエブ/コンピュータの画面上での参照を主にしている私にはさほど重要ではありません。プリントを試みている方達にとっても、A4以上の用紙に印刷するのでない限り、おそらく3.3メガピクセル以上の解像度は必要ないのではないかと考えています。

レンズの収差修正とは、光がレンズを通過する時に光の屈折によって発生する現象を修正する能力のことをいいます。光学的にはいくつかの分類に分けられますが、私が最近のデジカメ用レンズで気になるのは歪曲、又は、たる型歪曲収差(barrel distortion)と呼ばれるものです。かなり専門的な響きが強いですが、単純に言ってしまうと、写真の端にある垂直/水平の直線が湾曲してしまう現象です。小さなギャラリーの中で、ズーム・レンズの広角側を使った撮影する時によく見られます。多分、レンズ交換可能な一眼レフ・タイプのデジカメと高級レンズを買えばいいのでしょうが、残念なことに財政が追いついてくれません。

しかし、発色と操作性よりも重要なのは、携帯性かも知れません。昔マミヤ6を三脚に乗っけて零下15度のプラハの夜景を撮影している時にふと思ったのですが、もっと軽ければ・・・。その点最近のデジカメは軽くて、特に中判カメラを担いでいた私としては文句無いはずなのです。しかし、楽を味わってしまうと更なる快楽を求めるものです。結局銀塩時代と同じく、大きな本格的カメラと小さくて携帯性に優れたカメラを両方持ち、場所と都合によって使い分けています。

もうこの世界では年配物となりましたが、前からかなり気に入っていてFoglessでも使っているのが、FujiのFinePix 1500 です。解像度は1.5メガピクセルでレンズも単焦点(38mm/35mm相当)ですが、さすがに銀塩フィルムのメーカーであり、CCDの発色と抜けが魅力的です。確かに、同世代でもNikonのCoolpix900シリーズの方がより正確な発色を出していることは間違い無いのですが、べルビアやプロビア(富士の銀塩フィルム)を使っていた私としては、富士のCCDが持つちょっと派手気味な発色に惹かれます。もっとも、色が重視されるべき作品の取材には、正確な発色を求めるべきなのかもしれませんが。

ツァイスやライカの響きはありませんが、私は「フジノン」と言う名称がついた単焦点レンズは隠れた優れものだと思っています。中/大判カメラで使われているEBCコーティングが施されていて、歪曲も目立ちません。一般的に、単焦点レンズの方がズームより収差修正が優れていて、室内での撮影には向いています。機能的には地味なFinePix 1500ですが、一応露出補正があるので、ちょっと難しい光源のもとでも撮影が可能です。

Foglessで使っているもう一台のデジカメは、オリンパスのCamedia C-3030です。仕様としては、3.3メガピクセル、ズーム・レンズは32-96mm (35mm相当)です。一見地味な外見と仕様ですが、購入の最大の理由は、発売当初は数少ない全マニュアル露出設定が可能な機種だからでした。ズーム式であると言うこともあり、広角側を使うと多少歪曲が目立ちます。

C-3030は、FinePix 1500よりも一年以上後に発売された機種ですが、CCDの発色では富士の方に劣るようです。特に室内撮影の際、ピンク/赤みがかった発色になることがあるようです。普通はホワイトバランスの調節を行うことにより修正できるはずなのですが、C-3030では4種類の固定されたものしかありません。Foglessの取材では圧倒的に室内の撮影が多く、その上特殊な照明を使っているギャラリーも少なくないため、一般的なプリセットでは発色が不自然になることがかなり目立ちます。ホワイトバランスのより細かい設定、せいぜいFinePixのように三種類の蛍光灯設定があったら幾分か助かるのですが。

色々とC-3030の悪口が連発しましたが、暗い室内や動画/ビデオ・インスタレーション等の取材があるFoglessの仕事では、マニュアル露出が無いと非常に不便でしたので、発売直後に日本の親戚に送ってもらいました。実のことを言うとかなり操作性に優れているカメラで、今や私の主力カメラとして使っています。一番気に入っているのは、マニュアル操作の際、十字型のコントロールを使って絞りとシャッター・スピードを調節できることです。銀塩系一眼レフのダイアルとレンズ・リングには負けますが、設定が簡単にでき、結果を液晶モニタで確認できるので、非常に重宝しています。更に、フォーカスもマニュアル操作できるので、オート・フォーカスが難しい状況でも素早く距離設定を行えます。

この機種も最近、後継機種が二台も出てしまいました。レンズがデジカメでは最高の明るさを誇るF1.8のものを搭載したC-3040と、解像度を4.1メガピクセルまでアップしたC-4040です。しかし、基本設計が優秀だった証拠に、筐体や基本仕様はC-3030と変わりありません。C-3030のユーザとしては、明るいF1.8のレンズには惹かれますが、その話題は次回の特集までお預けにしておきましょう。ちなみに次回は、「今一番関心を持っているデジカメの新機種」とします。

© kuma、2001年7月

 

 


Top

Home


fogless.net
e-mail: editor@fogless.net
This site has been designed and managed by Toyoko Ito (Toko) copy; 2000-2010 All Rights Reserved
このサイトは伊東豊子(トコ)によってデザイン及び管理・運営されています。本
サイト内で用いられているコンテンツ(文章・画像など)を無断で複製・転載・転用することはできません。